Cocktail Cloud

ホーム製品カクテルクラウド
image cocktail cloud

カクテルクラウド

The Cloud Native Platform for Enterprise Digital Transformation
企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の構築と運用を、カクテルクラウドが提供します。

企業のデジタルプラットフォームの構築および運用時、カクテルクラウドはインフラストラクチャとプラットフォームコンポーネント、アプリケーション操作の基盤を提供します。

「Kubernetes が提供する強力なコンテナオーケストレーション機能の上で、カクテルクラウドは複数クラスタの統合管理、効率的なコンテナイメージ作成、アプリケーションの実行・監視機能を提供します。」

統合クラスタ管理

クラスタプロビジョニング

カクテルクラウドは、Kubernetes が設置されていないオンプレミス、VMWare、OpenStackなどの環境に Kubernetes をインストールします。また、Kubernetes のアップグレード、クラスターのノード追加等もカクテルクラウドから実行可能です。

マルチクラスタ、マルチクラウド管理

クラスタごとにカクテルクラウドをインストールする必要はありません。1つのカクテルクラウドをインストールするだけで、複数のクラスタを統合管理することが可能です。様々なクラウドプロバイダーを使用可能で、カクテルクラウドによってインストールされた Kubernetes、あるいは GKE、EKS、AKS などのマネージド Kubernetes、どちらでもカクテルクラウドは対応しています。

オーケストレーション制御

カクテルクラウドは、ビルド、デプロイ、運用、監視など Kubernetes 上のアプリケーション管理のために必要なすべての機能を提供し、統合管理することが可能です。

ソースコードからのコンテナイメージのビルドまで

様々な言語のソースコードをビルド

ソースリポジトリ(Git)に接続するだけで、開発言語に関係なく、ソースコードのビルドを実行します。ビルドプロセスを示しています。

コンテナイメージのビルド

ソースコードからビルドされたアプリケーションをコンテナイメージとして作成します。OCI標準形式を採用して、互換性を保証します。

プライベートレジストリの提供

カクテルクラウドは、プライベートレジストリが組み込まれています。作成されたコンテナイメージはプライベートレジストリに保存され、バージョン管理されます。アプリケーション配布時は、対象コンテナイメージのバージョンを選択することが可能です。

パブリックレジストリのサポート

外部のレジストリを登録して利用することが可能です。この方法により、サプライヤーが正式に配布するアプリケーションのコンテナイメージを使用可能です。

ワンクリックで継続的なデプロイ

デプロイバージョン管理

対象のコンテナイメージのバージョンを選択して、デプロイ可能です。デプロイ後に問題が発生した場合は、以前のバージョンに簡単に戻すことができます。

継続的なデプロイパイプライン

アプリケーションを修正し、すぐにデプロイすることができます。また、コードへの追加や変更の際、ダウンタイムなしで更新することが可能です。用意されたパイプラインを利用することで、ソースコードのビルド、コンテナイメージの作成、コンテナの更新の一連のプロセスがすぐに行われます。

アプリケーションパッケージの配布

マイクロサービスアーキテクチャを利用して、アプリケーションを複数のコンテナに設定した場合に、1つのパッケージにまとめてバージョン管理することができます。異なる地域・環境、クラウドインフラストラクチャに同じアプリケーションをデプロイする際、個々のコンテナごとにデプロイする必要がなく、パッケージ単位で一度にアプリケーションをデプロイすることができます。

ランタイムSWカタログ

頻繁に使用するランタイムSWは、すぐに配布して使用できるようにカタログとして提供されます。SWベンダーが提供する公式のイメージカタログや、カクテルクラウドユーザーが作成したSWの設定をカタログとして保存して、いつでも再利用することができます。

アプリケーション指向の運用

ユーザー/グループ管理

プロジェクトチーム別にDevOpsのためのワークスペースを提供しています。ユーザーは各チームが使用するクラスターリソースを割り当てることができ、作業スペースごとにチームメンバーを登録して、安全に作業することができます。

アプリケーションMap

アプリケーションMapは同じ名前空間を持つコンテナを配置するスペースです。それぞれのアプリケーションMapを使用しているクラスタは、プロジェクトチームに許可されたクラスタのいずれかを選択します。それぞれのプロジェクトチームは、複数のアプリケーションMapを持つことができます。

カクテルサーバー

カクテルサーバーは、アプリケーションMap上の配布と管理の単位です。カクテルクラウドでは、コンテナの直感的な管理のために、コンテナとリソース、ネットワーク、ボリューム、スケーリング、変更ポリシーなどの関連設定をカクテルのサーバーに一緒にまとめて管理します。カクテルサーバーという概念を使用して、便利な展開を構成することができます。

複数クラスター上のアプリケーション

複数のクラスタを割り当てられたプロジェクトチームは、自由に、クラスタを使用することができ、クラスタのステータス情報を確認することができます。

フルスタックの統合監視

プロテメウス(Prometheus)統合

プロメテウスによって、クラスタだけでなくアプリケーションの状態を確認することができます。様々な条件でトリガー(Trigger)を構成して、電子メールや Slack にアラートを送信します。

クラスタインフラストラクチャの監視

クラスタ、クラスタ内のノード、ボリュームの基本的な情報とリソースの使用情報を視覚的に表示します。各ノードごとにソートされたアプリケーションの状態情報も表示します。クラウドサービスのメータリング(Metering)の情報も表示します。

アプリケーション監視

運用の観点での監視情報を提供します。アプリケーションMapに割り当てたリソースの使用量を確認することができます。その他にも、アプリケーションMap内の個々のカクテルサーバーごとにPodとコンテナのリソース使用状況を確認することができます。

リソースの使用量

クラスター、ノード、アプリケーション、Pod、コンテナの様々な観点から、CPU、メモリ、ネットワークなどのリソースの使用状況の情報を視覚化して提供しています。