TiController(ティーコントローラー)の特徴




TiControllerはセキュリティスイッチTiFRONTやセキュリティAPのTiFRONT-APを一元管理することができます。

クラウド上にTiControllerを配置することができるため、複数拠点や遠隔拠点のセキュリティスイッチ、セキュリティAPを同時に管理できます。

TiControllerは機器の管理だけでなく、スイッチ・APの設定も可能です。

機器の設定

セキュリティスイッチ、セキュリティAPの設定をTiControllerから設定できます。

従来はコマンドで設定を行うため技術力を必要としていましたが、GUIベースでの設定により、設定が容易になっています。

機器の一元管理

セキュリティスイッチ、セキュリティAPの両方を1つのTiControllerで一元管理することができます。

遠隔地の支店や子会社等の管理もマルチテナント構造を採用しているので、閲覧範囲も制限されます。

レポート

セキュリティの検知状況や通信量などの利用状況を定期的に指定の宛先へ配信。内部での見守り状況を確認できます。

PDF、Powerpoint形式の双方に対応しております。

アラートメール

TiMatrixなどのイベント検知された際、メールやダッシュボードでアラートを送信・表示。
リアルタイムで対応できなくても、後で見返して対応することも。

ダッシュボード

表示内容を変更できるダッシュボードで、必要な情報を一元管理。

セキュリティイベント情報、トラフィック情報や、セキュリティスイッチ、セキュリティAPの機器情報の閲覧が可能。



TiNDM機能

セキュリティスイッチやセキュリティAPに接続されている端末やデバイスを可視化し、IPアドレス・MACアドレス・通信量等の情報を一覧で表示します。

ネットワーク内にどのような端末・デバイスが接続されているか把握でき、不審な端末については、通信を遮断させる機能もあります。

TiControllerの構築方法

クラウド環境へ構築をして、遠隔拠点に対する一元管理を行うことができます。
販売パートナーによって設置されているTiControllerをサービスとして利用いただくことも可能です。

また、クローズド環境であっても、ネットワーク内にTiControllerを構築することで、閉ざされた環境においても、TiControllerを利用し、設定・運用・管理をすることが可能です。

ZTI(Zero Touch Installration)機能

TiControllerであらかじめ設定を投入。インターネットと接続することで、セキュリティスイッチや セキュリティAPがTiControllerと同期を取り、設定が完了します。

専門の技術者でなくても、設置設定が容易になり、従来必要としていた工数の削減に繋がります。

TiController(ティーコントローラー)のスペック




TiController(ティーコントローラー)のスペック

TiController クラウド管理型システム ソフトウェア仕様 (TiController SPEC v1.1)

区分 項目 説明
インストール ゼロタッチインストール DHCP及びテザリングによるゼロタッチインストール(ZTI)
プラグイン USBポートを使用した設定のインストールとOSアップデート機能を提供
スイッチ本体でのGUI スイッチへの設定とOSアップデート
アップリンクやTiControllerへの設定
スイッチの設定
ping、Tracert等のライブツールの提供  
管理  マルチテナント 管理権限に応じた複数のユーザーを管理
スイッチ管理 スイッチの設定・管理/ポート管理/トラフィック状況の管理/
セキュリティの設定・管理
トラフィック管理 ネットワーク、ポート、ホストなどのトラフィック状況を管理
地図情報 地図上でスイッチを設置している場所を確認 
ネットワークトポロジー トポロジー図の作成
ファームウェア ファームウェアのアップデートをタイマー設定できる
リモートでの診断 セキュリティログ
イベントログ
ライブツール(Ping, Traceroute, ケーブルテスト、スイッチの再起動)
テクニカルヘルパー
仮想スイッチ設定 TiController上の仮想TiFRONTへ設定を実施し、反映させることができる
機器交換 交換した機器へ元々使用していた設定を即時反映させることができる
NDM機能 端末管理 クライアント端末の情報表示
IP管理
ポリシー設定 IP・MACベースのホワイトリスト・ブラックリストの作成
端末のネットワーク手動遮断
L2機能 VLAN VLANの管理
VLANのID・名前
スイッチポートへの適用
タグVLAN
スパニングツリー STP / RSTP / MSTP / PvST+ / PvRST+
RPVSTP Disable/enable
Bridge priority
Setting for each VLAN
ポートの設定 PoE
フローコントロール(オートネゴシエーション/duplex/Port speed)
ジャンボフレーム
QoS QoS 設定可能項目
- ポートフィルタリング
- TCP/UDP フィルタリング
- クラスマップ
セルフループ防止 セルフループ防止機能
ポートミラーリング ポートミラーリング (1:N)
リンクアグリゲーション LACP
ACL   L2/L3/L4 based filtering
スクリプト
設定機能
認証 RADIUS / TACACS+
802.1x認証 / MAC認証 / WEB認証
ログ管理 Syslog server, Monitoring, Log threshold management, Log backup, System/Security log
冗長構成 MLAG
セキュリティ フラッディング TCP syn flooding / TCP ack flooding / UDP flooding / ICMP flooding / ARP flooding
ネットワークスキャン TCP / UDP / ICMP / ARP
ポートスキャン TCP syn / TCP ack / UDP / Stealth
プロトコルアノマリー Land attack / Invalid TCP flags / ICMP fragments / TCP fragments / Smurf attack
スプーフィング ARPスプーフィング / IPスプーフィング
SMB trace   SMB trace
SMB scan SMB scan(WannaCry、Petyaの拡散防止)
ネットワークの
可視化
ダッシュボード 端末・ポートのトラフィック情報
セキュリティのアラーム / ネットワークのアラーム / 機器の接続状態 / 機器アラーム / アラートメール
セキュリティ
レポート
レポート配信 レポート管理 / カスタムレポート
スケジュール設定 / メール配信

*1 本製品スペックはTiController SPEC v1.1(2021年8月)を基にしています。